【浮彫】国之常立神(くにのとこたちのかみ)/柘植(丸玉・樽型)

SKU: BO15111912
¥550

在庫: 87

※こちらの商品は、注文を受けてからお作りする為、出荷までに数日お時間いただく場合がございますのでご了承下さい。

※写真は複数写ってますが、こちらの商品は1個売りになります。

御神名と御幣が柘植玉に一周しております。


**サイズ**

●約12mm・約15mm
穴の大きさ:約1.2mm(約1mmのシリコンゴムが通せます。)

●約12×16mm・約13×18mm・約16×25mm
穴の大きさ:約3.5mm(約3mm前後の紐などが通せます。)

※穴は、横穴でございます。

●国之常立神(くにのとこたちのかみ)

【ご神徳】
開運招福・立身出世・国土安穏など

諸説ございますが、天之御中主神、高御産巣日神、神産巣日神、
宇摩志阿斯訶備比古遅神、天之常立神の五柱の神を宇宙創生、天地開闢における別格神
別天神で、天地開闢の最初にあらわれた神で重視されてきました。
『日本書紀』では「純男(陽気のみを受けて生まれた神で、
全く陰気を受けない純粋な男性)」の神であると記され、
『古事記』では、神世七代の最初に現れた神で、
別天津神の最後の天之常立神(あめのとこたちのかみ)と対を為し、
独神(性別のない神)であり、姿を現さなかったと記されています。
『古事記』では国之常立神、『日本書紀』では国常立尊と表記されています。

日枝神社・大鳥神社・玉置神社・蘇羽鷹神社・国常立神社などの祭神。

●御幣(ごへい)とは、神道の祭祀で用いられる幣帛の一種で、
2本の紙垂を竹または木の幣串に挟んだものです。
御幣は「 神に捧げる物 」を意味し社殿の奥深くに立てるそうです。
御幣には神霊が依り憑くと言われ、
神前に据える鏡などと同じように装飾として置かれたり、
祓いの道具として用いられます。

材質:柘植

産地:東南アジア

万葉集の時代から、堅く変わらない絆を象徴する縁起物とされており
「もめごとを解きほぐす」という意味合いがこめらえていると伝えられています。
黄褐色の優しい色合いをしており、
ほかの木よりもゆっくりと成長する為、
緻密で割れにくく、耐久性に優れる木だとされています。
それらのことから堅忍 禁欲 冷静などの意味を持つと言われています。

※天然木材の加工品ですので、木によってはもともと小さなキズなどがある場合がありますのでご了承下さい。

※天然木使用の為、木目や色が異なります。ご了承下さい。

※天然木の為、部位によっては節や木目が濃かったり、
黒い点やシミの様な箇所もございますが、汚れではございません、
木の本来の風合いですので了承ください。

※こちらでお選びした商品をお届け致します。ご了承ください。



※撮影の際、本来の色合いを再現する努力はしておりますが、自然木材の為、木目により色等は若干異なる場合がございますので、ご了承下さい。

※彫刻加工は全て日本で行なっております。