宝珠・黄水晶

SKU: O211213
¥396

在庫: 69

サイズ
1: 約13×11mm
2: 約16×13mm

宝珠は梵名「チンターマニ」といい、
チンターとは「思考」、マニは「珠」であり、
「意のままに様々な願いを叶える宝」という意味を持ちます。
伝説によると、宝珠は、鳳凰の肝や龍王の脳から出るとされたり、
仏陀の遺骨(舎利)そのものであったとも言われます。
古い時代の橋の欄干にあるタマネギ型の擬宝珠と呼ばれる飾りや、
また龍神が手に握っている玉もこの宝珠だとされています。

※写真の台座は付属しておりません

**黄水晶**

産地:ブラジルなど。

硬度:7
水に強い石です。太陽光により退色することもあるのでご注意ください。

別名:イエロークォーツ

元々黄水晶は金運・財産運・事業運を高める石といわれています。
また、自責をしやすい、悩みごとを抱えやすいなどのネガティブな感情をコントロールし、
人間関係の悩みや心配ごとなどのストレスも和らげるといわれています。
胃腸や脾臓の調子を整える効果もあるとされているので、
心配事の多い事業主様にお勧めの石とされています。

※浄化方法:流水・月光浴・セージ・クラスター・音叉など。

※相性の良い石:水晶・ラピスラズリ・ターコイズなど。

※チャクラ:第1・2・3・7チャクラ


※加工品ですので、もともと小さなキズや内包がある場合がありますのでご了承下さい。

※撮影の際、本来の色合いを再現する努力はしておりますが、色等は若干異なる場合がございますのでご了承下さい。