【業界初!】開運・お守り袋刻印・柘植玉【厄除御守】

SKU: BO741001
¥704

在庫: 49

※こちらの商品は、注文を受けてからお作りする為、出荷までに数日お時間いただく場合がございますのでご了承下さい。

※彫刻加工は全て日本で行なっております。

※写真は複数写ってますが、こちらの商品は1個売りになります。

※こちらでお選びした商品をお届け致します。ご了承ください。

柘植に様々なお守り袋が刻印された、匠の逸品です。

お守り袋とは、お参りをした神社で頂いたお守りを入れて持ち帰るための袋です。
お守りは神様のご加護を受けるためのもので
「お守り袋に入れ、その力を逃がさないようにする」と言われています。
また、首からぶら下げたり、着物の帯につけたりして、携帯しやすいという利点もあります。

柘植彫刻ビーズも同様に、ストラップやブレスレットなどのパーツに使用し、
様々な形で身につけられ、ご加護が授けられるとされています。

**サイズ**

・樽型(穴の大きさ:約3.5mm)
約12×16mm/約13×18mm

約16×25mm/約18×25mm/約20×30mm

・丸玉(穴の大きさ:約1.2mm)
約12mm/約15mm

※穴は、横穴でございます。

【厄除御守】
災難や厄難を除き、健康で平安な日々を送ることができるように祈願することを意味します。

※虎2匹と陰陽太極が描かれています。

**虎嘯風生(こしょうふうしょう)**
「虎嘯」とは虎が吠えることで「風生」とは風が発生することで
虎が吠えれば風が激しく巻き起こることを表し
そのことから優れた能力を持つ人が機会を経て奮起すると言われ
自然界でも他の動物を圧倒する力を持つ虎の勇猛さによって
魔や病を退け強靭な力を発揮するとされています。

**陰陽生太極**
全てのものに「陰」と「陽」があり
2つの気は太極であり結び影響しあっていると考えられ
気のバランスが安定していることを示しています。

**菱紋**
両端に描かれている菱文様は紀元前より見られ、
正倉院の宝物をはじめ、染織物や木工品などにも見られます。
文様である菱紋は、ヒシの実またはヒシの葉を図案化したものと言われています。
ヒシ(菱)は、菱形で両端に逆向きの2本の鋭いトゲがある
硬い実をつける事から、悪を退散させ、魔を除けるとされています。

**柘植**

材質:柘植

産地:東南アジア

万葉集の時代から、堅く変わらない絆を象徴する縁起物とされており
「もめごとを解きほぐす」という意味合いがこめらえていると伝えられています。
黄褐色の優しい色合いをしており、
ほかの木よりもゆっくりと成長する為、
緻密で割れにくく、耐久性に優れる木だとされています。
それらのことから堅忍 禁欲 冷静などの意味を持つと言われています。

※天然木材の加工品ですので、木によってはもともと小さなキズなどがある場合がありますのでご了承下さい。

※天然木の為、部位によっては節や木目が濃かったり、
黒い点やシミの様な箇所もございますが、汚れではございません、
木の本来の風合いですので了承ください。

※撮影の際、本来の色合いを再現する努力はしておりますが、自然木材の為、木目により色等は若干異なる場合がございますので、ご了承下さい。